リフォームにリクシルの設備が人気なわけ

リフォームにリクシルの設備が人気なわけ

リフォームをして以来、「LIXIL(リクシル)」に反応してしまいますね。リクシルのテレビCMが流れていたら、「お!リクシルじゃん」といったように反応してしまいますし、リフォーム番組などを見ていても「お〜、やっぱりリクシルだな〜」といったように、ついつい反応してしまいます。

ちなみにリクシルとは、設備メーカーのことですから。リクシルは、もはや説明するまでもないことでしょうけれど、トステムやINAX、サンウエーブといったように、設備メーカー数社からなる合弁会社ですね。そしてだからこそなのか、リクシルの設備はお値段が非常に心優しいものなのです。トイレや洗面台などのリフォームに大活躍ですね。

いくつかの会社が技術を出し合っているからこそのこの価格の実現なのか、とにかくもうリフォームに際する設備の入れ替えには、リクシル以外の選択肢はないぐらいに言ってもいいほどに、お値段がお安めなのですよね。

還暦前後の夫婦になりますと、こだわりも削ぎ落とされて、リフォームに際しても「設備は新しければいい」ぐらいの希望になる傾向がありますので、だからこそリクシルの設備がもってこいなのかも知れませんね。まあうちの実家の話なのですけれど。

Related posts