住宅ローンは低金利なので固定金利に

住宅ローンは低金利なので固定金利に

注文住宅を建てる場合や建売住宅を購入する時には、一部お金のある人達を除いては概ねは住宅ローンを利用するの一般的と思います。 そして勿論、住宅ローンの場合は金額面でも相当に高い金額の価格帯になるので、出来るだけ頭金を多くにて借入金額を少なくすることが、返済額も少なくてすむのは当然です。

此の住宅ローンに関しては種類や条件が色々ありますが、主なところでは固定金利と変動金地というのは周知のことと思いますが、勿論、固定金利というのはこれから将来に向かって世間の金利の変動があっても住宅ローンは変化することがなく、借入時の金利が一定もまま返済終了まで続くことになります。 一方では変動金利というのは其の将来の時代の金利政策や経済や景気の動向によって住宅ローンも金利が変動するということです。

そこで、今現在住宅ローンを利用しようとする人達は、どちらのローンを利用すべきかということですが、個人的にも専門家の意見としても、世の中的には今はマイナス金利、金利の底などとも言われています。 従って、同様に住宅ローンの金利は今が底でもあり利用する時期としては最良のタイミングとも言われています。 逆に言うなら此れより先は金利は上昇に転ずるのは必須とされていて、従って今の金利を維持するために「固定金利」が有利で妥当であろうとの判断が一般的とも言われる所以です。

Related posts