配偶者の遅延の有無も審査基準の1つ

配偶者の遅延の有無も審査基準の1つ

住宅ローンを検討中の方々は、既婚の方がとても多いです。独身の方がその商品で借りるというよりは、むしろ誰かと結婚した方が、それを利用するケースが目立ちます。確かに結婚後には、マイホームを保有するケースが大変多いですね。マイホームはまとまった資金が必要なので、上述の融資商品を利用するケースも、多々ある訳です。またマイホームを保有しており住宅ローンを組んでいて、固定金利から変動金利へと住宅ローンの借換えを行ったりすることもあります。

ところで既婚者の方々の場合は、両者の状況がポイントになってきます。1人だけではありません。

例えば融資商品の申込をしたのが、ご主人だったとします。その際にはもちろん金融会社による審査が行われますが、対象になるのはご主人1人だけではありません。奥様も審査される事になるのですね。

そして問題は、その2人の金融情報に問題が無いか否かです。過去にどこかの会社で借金をしていて、何らかの滞納があった時などは、融資が難しくなる事もあります。それはご主人だけでなく、奥様も同様なのですね。

ちなみにキャッシングなどでは、奥様も審査されるケースはほとんどありません。その住宅商品の大きな特徴の1つと言えるでしょう。

Related posts